子猫を引き取ることになった

倉庫で荷物を片付けていたら、押入れのダンボールからガサゴソと音がする。そこにいたのは二匹の子猫たち。どうやら生後間もないようで、片手に乗るほど小さくて目も開いていない。倉庫の外に出すわけにもいかず、母猫が引っ越してくれることを祈りつつ押入れに戻しておく。

――それが先週28日、木曜の出来事。

そして今日、まだ子猫たちはダンボールの中にいたが、残念なことに灰色の子猫は息をしていない。このまま放っておくわけにいかず、死んだ子猫を倉庫脇に埋めて茶色の子猫を事務所に運ぶ。

実は去年も二度、事務所の作業場で野良猫が子猫を産んでいる。その時はどうにか里親を見つけることができたが、さすがに今回は見つかりそうもない。そんなわけで、なし崩しのうちに自分が引き取ることに。

とはいえ、まだ自力で排泄もできない子猫を育てるのはどう考えても厳しい。そこでしばらくの間、去年の里親探しの際に母猫代わりを演じてくれたオス猫がいるお宅に預かってもらう。

様々な不安と現実に頭を抱えてしまうが、すやすや眠る子猫を眺めると頬が緩む。自分の生活すらままならないのに、、、

新年会に行ってきた

急遽開催されることになった新年会。会場は調布の「新鮮ホルモン 豚風」。

お約束のように少し遅れてあぷらひ氏とけんぞー氏に店で合流、新年の挨拶もそこそこに目の前にあるレバテキを食らう。普段はあまり手を出さないレバーだが、これは別格の美味しさ。レバー特有の鉄っぽさやジャリジャリ感といった食感が無く、刻みネギとのコンビネーションが堪らない。

七輪に乗せられていたタンも柔らかくて、これまた美味。豚ロースとハラミも美味しかったが、ホルモン系をここまで美味しく食べられた店は数少ない。ラッパの食感もこれまた良し。

、、、ラッパ?メニューを見て納得。

写真を撮り忘れたのが悔やまれるが、また近いうちに行くはず。

謹賀新年

 

いつの間にか、2012年が始まっていた。年々、「新たな気持ちで」という意識が薄れていくのは年をとったせいなのか、向上心が失われつつあるせいなのか、、、

元旦といっても特にすることもなくネットを徘徊してたら、紅白にレディー・ガガ登場という記事を見つけた。時の人ということで彼女のWikiを眺めてみると、実はかなりの苦労人だ。自ら同性愛を公言し、マイノリティの権利を訴え続けている。

米軍内にあった同性愛者を差別する慣習“Don’t ask, Don’t tell”にも噛み付き、同じようにこの慣習の撤廃を掲げていたオバマ大統領によって2011年9月に撤廃された。

また、彼女は性的マイノリティに対するいじめ問題にも取り組んでおり、2011年9月にオバマ大統領とも対談を行なっている。ちなみにオバマ大統領、初めて会ったレディー・ガガの印象は「ちょっと怖かった」らしい。

この対談の一年前の2010年10月、性的マイノリティに対するいじめ問題に取り組む「“It Gets Better” project」に向けてオバマ大統領は演説を行なっている(transcript)。

元旦にこのフレーズが響いたので、今年のテーマは”It gets better”。

WordPressをバックアップした

ようやく先延ばしにしていたブログのバックアップをしてみた。

ブログに使用しているWordPressをバックアップする場合、サイト全体のファイルとデータベースの2つをそれぞれバックアップしなければならない(WordPress のバックアップ – WordPress Codex 日本語版)。そうした作業の煩わしさが、先延ばしにしてきた大きな理由だった。

しかし、この2つをまとめてこなしてくれる待望のプラグイン「BackWPup」を発見した。このプラグインの凄いところは、スケジュール機能や通知機能を備えているだけなく、バックアップ・データの保存先を様々に設定できるところだ。データをメールに添付できるだけでなく、他のサーバーやdropbox、googleやアマゾンまで保存先に指定することが可能だ。

参考になるページを眺めながら、さっそくバックアップに取り掛かる(WORDPRESS おすすめバックアッププラグイン 『BackWPup』の解説 | Joomla!Navi!)。ものの見事に作業はあっという間に終了。あまりのあっけなさに肩透かしを食らった気分になるくらい、お手軽にバックアップできるこのプラグインに感謝したい。