Inspiron1526を分解してみた

いよいよ本格的に起動しなくなったInspiron1526。「inspiron1526 起動しない」で検索してみると、あれよあれよと検索結果が出てくる。これらのサイトを徘徊すると同じ症状を訴える記事が数多い。どうやら、内臓された電池が寿命を迎えるとBIOSすら立ち上がらなくなる仕様らしい。

原因が分かって納得したところで、問題が解決するわけではない。幸いなことにDELLは分解マニュアルを公開している(Documentation)。必要とされる電池(CR2032)もコンビニで売っていた。ということで、無謀にも分解開始。

どのサイトにも書かれていたのだが、やっかいなことにこの機体、ほぼ完全に分解しないと内臓電池に辿り着かないらしい。しかし、マニュアル通りに分解しなくても内臓電池に辿り着けるらしい。どこかのサイトのコメント欄にそう書いてあったので、それを信じて適当に端折る。

端折ったのは、マニュアルの8番にあるディスプレイの取り外しあたりから。ディスプレイまで分解していては時間が大幅にかかるだろうし、元に戻せる自信が無い。幸い、内臓電池の位置はパームレストの下と判明していたので、その辺りに辿り着くに必要な最小限の分解に切り替える。

ようやくマザボの下半身が浮くようになったため、左手で浮かせつつ裏側に配置された古い電池をマイナス・ドライバーで取り除く。新しい電池に交換した後、分解した逆の順番で慎重に組みつけていく。作業にかかった所要時間はおよそ一時間。万感の思いを胸に抱きつつ、起動ボタンを押す。

、、、起動しないんですが、、、orz。

ぼちぼち生きてます。

コメントを残す