ブロックされたYouTubeを見る

YouTubeを見ていて時々出くわすこの文言。

「お住まいの地域では著作権上の問題で権利所有者によりブロックされています。」

著作権の問題でブロックするのなら、誰にとっても見ることができないようにブロックするなら納得できる。しかし、地域によってブロックされるというのは納得できない。ある場所に住んでる者には見えて、他の場所に住んでる者には見えないというのは検閲と同じだ。

まるで、自国の市民に対して政府に不利な海外情報を見せないように検閲する、どこかの政府と同じようなものだ。以前、BBCの番組を見ようとした時も、このような警告が出て見られなかった記憶がある。その時も、同じ憤りを感じたのを思い出した。

さておき、世の中便利なもので、こうしたブロックをかいくぐる方法も数多い。その中のひとつが、「onlineinschool.com」。使い方は簡単。ブロックされたYouTubeのURLをペーストして「Go」ボタンを押すだけ。これでブロックされたYouTubeも見ることができる。

似たようなサイトは他にもいくつかあり、学校や企業そして政府関係の規制されたコンピューターからもYouTubeなどが見られるようになるらしい。

、、、ただ、このサイトが規制されてしまってはどうしようもないが。

—–

2011/11/04 追記

どうやらこの手段も規制されつつある模様。備忘録として、似たような他のサイトは以下から。

Web Proxy

camoList – web proxies

コメントを残す