選挙事務のお手伝い終了

一度はやり直しを求められた収支報告書、ようやく受理される。

事務所の撤収作業を終えた翌日の28日、市の選挙管理委員会へ収支報告書を持っていったのだが幾つかの修正を指摘された。不備については仕方ないにしても、納得いかないこともあった。

収支報告書の作成に際して、ネットで偶然見つけたフリーソフトを活用させてもらった。これは総務省が開発した収支報告書の作成ソフトで、とても便利で使いやすい。ところが、市には独自のフォーマットがあり、できればそれに従って欲しいらしい。これについてはソフトの操作で対応できるので渋々それに従うことにした。

とはいえ、こんな便利なソフトがあるにも関わらず、選挙前に配布された「選挙の手引き」で紹介もせず、市独自のフォーマットを求めるのは納得がいかない。せっかく国が作業の負担軽減と様式の標準化を推し進めているのだから、地方自治体はすばやく対応すべきだと思うのだが。

何はともあれ、これにてようやく選挙のお手伝いが終了。

参考:
総務省|会計帳簿・収支報告書作成ソフトコーナー|会計帳簿・収支報告書作成ソフトのダウンロードコーナー

ぼちぼち生きてます。

コメントを残す