今度は尖閣ビデオが流出

尖閣ビデオ流出か、ユーチューブに6本投稿

【11月5日 AFP】(写真追加、一部更新)尖閣諸島(Senkaku Islands、中国名:釣魚島)沖で起きた中国漁船と海上保安庁(Japan Coast Guard)巡視船の衝突を撮影したとみられる映像が、5日早朝までにインターネット上に流出した。関係当局は対応に追われている。
(2010/11/05 AFP)

テロ捜査情報の流出に続いて、次から次ヘと、、、

深夜に出くわした大きな祭り。さっそくYouTubeでチェック。六分割された長編では、衝突は二回。当たってますな、しっかりと。

こちらは産経新聞。二回の衝突を切り出したダイジェスト版。

漁船衝突に関してはさておき、映像流出に関していくつか。

今回の流出については、「ほう、よくやったな」というのが最初の感想。危険を顧みず流出させた人間がいるのだなと。特定されたら首が飛ぶのは確実なので愉快犯では無さそうだが。義憤にかられた人物による行動だったと思いたい。

映像を流出した者の捜査を始めた国に対して批判が起きているが、捜査が行なわれるのは当然。国民に非公開と政府が決定した映像が流出したのだから、政府として守秘義務違反の責任を問うのは組織として当然の対応。逆に、責任を問わず政府が何も行動を起こさない方が大問題。

それとは別に、映像を流出した者に対しては良くやってくれたと言いたい。現場ではどのようなことがあって船長を逮捕したのか知りたかったので、映像を非公開とした政府の決定には納得できなかった。それに、漁船との衝突映像が国家機密とは思えないし、流出した映像を見る限り非公開にする必然性があったとも思えない。

映像の非公開は日中関係に配慮した決定で、それが日本の国益にかなうと政府は判断したのだろう。だが、最悪の形で映像が公開されてしまい、結果的には中国政府の態度を再び硬化させ、日本国民からもますます批判を浴びる形となってしまった。

後の祭りだが、最初から映像を公開しておけば船長逮捕の正当性をもっと強く国際社会に訴えることができたはず。それによって中国との緊張はより高まったかもしれないが、その一方で早期の沈静化を中国は望んでいたのだから無駄に引きずることは無かっただろうに。

それにしてもYouTubeのアカウントがSengoku38だったのには笑った。

笑ったといえば、海保繋がりでこちらも。

ぼちぼち生きてます。

コメントを残す