検事の証拠改竄が組織犯罪に

検事、押収資料改ざんか 捜査見立て通りに 郵便不正

郵便割引制度をめぐる偽の証明書発行事件で、大阪地検特捜部が証拠品として押収したフロッピーディスク(FD)が改ざんされた疑いがあることが朝日新聞の 取材でわかった。取材を受けた地検側が事件の捜査現場を指揮した主任検事(43)から事情を聴いたところ、「誤って書き換えてしまった」と説明したとい う。しかし、検察関係者は取材に対し「主任検事が一部同僚に『捜査の見立てに合うようにデータを変えた』と話した」としている。検察当局は21日以降、本格調査に乗り出す。
(2010/09/21 朝日)

昨日この事件をニュースで知ったとき、やっぱりあるんだなというのが正直な感想。

検事が証拠を改竄して罪を捏造し、人の人生を台無しにしかねない大事件だ。ひとつの改竄が発覚したということは、この検事が携わってきたこれまでの事件の中にも証拠が改竄された可能性だってある。そして何よりも、公正な裁判がなされない恐れがあるという、国家制度の根幹に関わる大問題でもある。

ただ、どんな組織も巨大になるに従ってこうした人間を抱える可能性があり、それは検察も例外ではない。ここで重要なのは、こうした人間を抱えてもチェック機能が働き組織が正常に機能することだ。

検事の改竄を阻止して検察が正常に機能するには、三つの防壁が思いつく。それは、(1)改竄に対する倫理教育の徹底がなされているか、(2)改竄を阻止する監督(監視)機能が働いているか、(3)改竄が発覚した場合に組織の自浄作用があるか、といった防壁だ。だが、こうした防壁は大阪地検では機能しなかった。

FD日付改ざん組織的隠ぺいか 地検幹部に報告 逮捕の検事

厚生労働省の文書偽造事件で押収資料を改ざんしたとして最高検に証拠 隠滅容疑で逮捕された大阪地検特捜部の主任検事前田恒彦容疑者(43)が今年2月、複数の同僚検事にデータを書き換えたことを漏らし、当時の検事正や次席 検事ら幹部にも報告が上がっていたことが22日、大阪地検関係者への取材で分かった。
(2010/09/22 共同)

今回、前田容疑者が証拠の改竄が行なったことで(1)と(2)の防壁が破られたことになる。さらに、共同の記事によると、前田容疑者は今年の2月ごろ同僚に改竄を話し、そのことは地検トップの検事正にまで報告されていた(大阪地検の組織図はこちらから)。しかし、上司の特捜部長らは上層部に対して「問題ない」と説明していた(改ざん情報「問題ない」と報告=特捜部長ら上層部に−主任検事同僚が指摘・証拠隠滅)。

実際には証拠隠滅の容疑で前田容疑者が逮捕されているのだから、2月の時点で改竄を知った上層部らが検事の行為を犯罪だと認識できないわけがない。検事の改竄が「問題ない」のではなく、「問題ないことにする」と大阪地検が決定して闇に葬ろうとしたのだ。こうして(3)の防壁が大阪地検によって破られたことになる。

これは個人の犯罪としても組織犯罪としても、国家を揺るがす大事件なのは間違いない。

ぼちぼち生きてます。

コメントを残す