アウシュビッツで踊る

Jewish artist defends YouTube video ‘Dancing Auschwitz’

A YouTube clip depicting five people dancing to the tune of Gloria Gaynor’s song “I will survive” in front of Nazi concentration camp Auschwitz has resurfaced at the center of a trans-Atlantic controversy.
(2010/07/10 HAARETZ)

子どもや孫と踊る一人の老人。着ているシャツには「生存者」の文字。老人の踊りだって、なかなかどうして。

 

一見すると何の変哲も無い微笑ましいこの動画、ちょっとした論争を引き起こしているらしい。というのも、踊っている場所はアウシュビッツ、そして老人はここを生き延びたユダヤ人。この作品を制作したのは芸術家である娘。無礼だとかホロコーストを自分の名声のために利用してるとか、他の生存者たちは彼女を批判しているらしい。

だが、それに対する老人のコメントが、これまた見事。

ワシらは踊っているんじゃ。躍らにゃならんのさ。祝っているんじゃよ生きていることを、そして後に続く世代を。

A ‘fresh’ take on the Holocaust (2009/12/01 Australian Jewish News)

生き延びたからこそ、忌まわしき場所でもこうして踊ることができる。その喜びを踊りで表現する老人、そのステップは生命に満ち溢れている。


その他:
人間の安全保障決議採択 国連総会、日本が提案
(2010/07/17 産経新聞)
何気に日本が力を入れてきたこと。この概念が何を変えていくのか注目。

漫画家の佃公彦さん死去 「ほのぼの君」で人気 (2010/07/17 共同)
子どもの頃よく見てました。ご冥福を。

ぼちぼち生きてます。

コメントを残す