白旗あげた市民を射殺

ガザで白旗あげた市民射殺 イスラエル軍、狙撃兵を起訴

【エルサレム=井上道夫】イスラエル軍は今月上旬、2009年1月中旬まで約3週間続けたパレスチナ自治区ガザへの大規模攻撃中、パレスチナ人1人を射殺したとして、狙撃兵を殺人罪で軍事法廷に起訴したと発表した。

軍によると、白旗を掲げていた市民の一団のうち1人を、軍の命令や承認なしに故意に狙撃し、殺害したと結論づけた。
(2010/07/10 朝日新聞)

ベトナム戦争で村民504人を虐殺したソンミ村虐殺事件の実行犯ウィリアム・カリーは軍事法廷によって終身刑となるが、後に懲役20年から10年と軽減され、さらに最終的には3年半の自宅軟禁となった。

イラク戦争で14歳の少女アビール・カシム・ハムザ・アルジャナビさんを強姦し、彼女を含む一家四人を殺害した首謀者スティーブン・グリーンは、一般法廷で仮釈放無しの終身刑。残りの実行犯4人は軍事法廷で90年から100年の懲役だが、10年または20年で仮釈放の資格を持つ。見張り役は軍事法廷で2年3ヶ月の懲役だったが、1年5カ月後に仮釈放されている。

イスラエルの軍事法廷は、自国の兵士が起こした犯罪に対してどのくらいの刑罰を課すのだろう?


関連:

Marine accused in Iraqi war crime reports for duty after serving 4 years in prison (2010/06/29 Fox News)

コメントを残す