検証する姿勢

「後悔していない」ブレア元首相、イラク戦争参戦を正当化

【1月30日 AFP】英国のトニー・ブレア(Tony Blair)前首相は29日、2003年のイラク戦争参戦 に関する独立調査委員会の公聴会で証人喚問された。ブレア氏は参戦を強く正当化し、サダム・フセイン(Saddam Hussein)元イラク大統領を排除したこ とは後悔していないと語った。
(2010/01/30 AFP)


ブレア英前首相の証言に衝撃、英各紙が論評 イラク参戦調査委公聴会 (2010/01/30 AFP)

コメントを残す