メディアにとってSNSは脅威か?

ケーブル報道専門局、最大の脅威は「SNS」 米CNN社長

【3月14日 AFP】「ケーブルテレビの報道専門チャンネルにとって最大の脅威は、フェースブック(Facebook)などのソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)だ」と、米ケーブルテレビ局CNNのジョン・クライン(Jon Klein)社長が10日、米国で行われたメディア・サミット で語った。
(10/03/14 AFP)


「多くの人たちが、フェースブックの『友人』や、ツイッター(Twitter)でフォローしている人物を、信頼できる情報ソースだと考えて、彼らが送るリンク先を閲覧し、その情報をまた信頼する。しかし、われわれが目指すのは、最も信頼されるニュース・ブランド。ツイッター上の1000人 のほうがニュースソースとして信頼が置けるなどという状況は望まない。これは挑戦であり、われわれは対応しなければならない」

ジョン・クライン社長は、インタビューの中でこう述べている。しかし、この状況を脅威と呼ぶのは、ややズレた認識だと思う。信頼できる情報ソースとして貼られているリンクのほとんどが、ニュースサイトや公的機関やNGOなどのサイトであり、その中でもニュースサイトへのリンクは現在でも圧倒的なのだから。

もちろん、妖しいリンク先を情報源とする事例だって多々あろう。しかし、ネットユーザーはそうした情報を妄信するわけではない。妖しい情報を目にする者が1000人もいたら、その真偽を問う声も上がり検証作業が自然発生する。こうしたネットユーザーの検証能力を、CNNの社長は過小評価している。

むしろ、SNSを脅威と認識するよりも、ニュースサイトへ流れる重要な経路として対応した方がより多くの集客を期待できるのではないだろうか。それには、メディアが発信する情報の正確さをより一層高めていく努力をすべきだろう。

コメントを残す