続餃子

三たび、K氏宅にて餃子三昧。

今回は皮から手作りに挑戦。
そのために購入したというデジタル計量器を駆使し
正確な分量の水と塩を加えた小麦粉をひたすらコネる。

30分ほど寝かせた後、棒状に伸ばして小さく刻む。
刻んだ生地を伸ばし棒で円状に薄く伸ばす。

、、、円にならないんですが

悪戦苦闘する横で、コツを掴んだK氏
綺麗な餃子皮を次々と生産。
後半、こちらもコツを掴んで追い上げ。

手作りの皮で餡を包み、K氏による焼き上げ。
黄金色に焼きあがった餃子、口に頬張る。

激ウマっす!

既製品では味わえなかった、筆舌しがたいモッチリ感。
これまでの餃子の概念を根底から覆す美味しさ。
止まらない箸の赴くまま、感動に酔いしれる。

引き続いて、薄力粉と強力粉の分量を変えた皮で
焼き餃子と水餃子にも挑戦。

、、、皮ひとつで、こんなにも食の幅が広がるのですね。

食は芸術だなと、改めて思い知らされた夜。。

ぼちぼち生きてます。

コメントを残す