因果

米議会、テロに関する報告書を発表

報告書によると、2013年末までに大量破壊兵器を用いたテロが
世界のどこかで起きると警告。
米国の安全性が低下していることを指摘している。

イラク・アフガンに侵攻後、世界が安定したと
自画自賛していた人たちはいったい何処へ行ったのだろう?

ブッシュ大統領、「誤情報」を後悔

ABCテレビのインタビューで今更
「戦争への心構えができてなかった」と反省。
イラク侵攻の大儀であった大量破壊兵器が無かったことを
情報活動の失敗とのたまう。

その誤情報で、どれほどの民間人が犠牲になったのか
振り返る良心はあるのだろうか?

そして今後、米国で起きかねないテロの根本原因の一つが
自分自身であること、誰か教えてやらないのだろうか?

ぼちぼち生きてます。

コメントを残す