比較

フリーのドローソフト、使い勝手を検証。

写真の左側が「inkscape」、右側が「OpenOffice」内の「Draw」。
どちらも驚くべき高性能、しかもどちらも無料ときたもんだ。
ちょっとした作図のため、そう軽く考えてたのが申し訳ないくらい。

ただ、やはり一長一短も。
「inkscape」の場合、web用などに作成したパーツは
png形式で保存され、gifやjpeg形式での保存はできない。
そのため別のソフトなどを使って
pngファイルをgifやjpegに変換しなくてはならない。
、、、これは面倒くさいっす。

もう一方の「Draw」の場合
写真では見づらいが、アンチエイリアス機能がない。
例えば、円の黒枠やスマイル・マークの黒枠のギザギザ。
これが非常に残念なくらい目立ってしまう。

特に描図ソフトとして、この「Draw」
ライバルの「Microsoft Office」には含まれないソフトのため(Visioは別売り)
「OpenOffice」にとっては、とても大きな「売り」になる。
それゆえ、「Word」ですらアンチエイリアス機能がある以上
ぜひとも早急に付け加えて欲しい機能のひとつ。

申し訳ないくらい他人任せですが、宜しくお願いします。

***補足***

「Draw」については、アンチエイリアス機能が無くても
PDFで出力すると、アンチエイリアスが働いたような綺麗な画像となる。
これで無事解決っすよ。

ぼちぼち生きてます。

コメントを残す