合掌

ニュース・キャスターの筑紫哲也氏、永眠。

大学5年の時、いつの間にか頭数に入ってた企画サークル。
学校で講演してもらおうと、一年前から交渉開始。
当時のサークル代表は、バイトとしてテレビ局に潜入。
そこでの度重なる出演交渉の末、ようやく首を縦に。

4月、新入生に向けてどう生きるかをテーマに講演。
自身の体験談を交えた話に、警備担当の仕事を忘れて聞き入る。
要は、学校の授業なんて出るな、外に出ろと。

、、、授業に出てなかったら、学校出るのが延びてしまったんですが。

講演の後、サークル代表が秘書にしてくれと泣きつき
筑紫氏を困らせてしまったのも、今は良い思い出。

どうぞ安らかに。

ぼちぼち生きてます。

コメントを残す