才能

師匠が参加する油絵展を見に、国立へ。

7月に飯をゴチになった際に見せてもらった
裸婦像が今回の展示品。

師匠が通っていた絵画教室の生徒作品が展示されているのだが
とにかく、その完成度の高さは群を抜いていた。
昔、使われていたフレーズ「目力」というのか
それが、他のどの作品よりも強く、しばらくその絵に引き込まれた。

「天は二物を与えず」、、、ひとつで良いから欲しいのですが。

ぼちぼち生きてます。

コメントを残す