hello (again)

ubuntuくん、再導入。

今回は、xpには全く手を加えず
ファイルの一つとして間借りする形の
デュアル・ブート版ubuntuくん。

ubuntuくんに、すっかり魅了されたとはいえ
xpから完全に移行するには、まだ幾つか残る課題。
そこで調べてみると、ubuntu8.04版では
お手軽にデュアル・ブートができることを発見。

さっそくHDDに空き場所を確保し、インストール。
、、、めちゃめちゃ簡単なんですが。

USB版より、さらに制約から解き放たれたubuntuくん。
関連サイトを斜め読みしながら、適当に弄りまくり。

デスクトップが3Dになって、お空を飛んでるんですが、、、

4面あるデスクトップ、それぞれで作業をこなし
なおかつWindowsファイルにも、自由にアクセス可能。

他にもウィンドウがサークル状になってクルクル回ったり
Vistaくんが苦労を重ねているAeroちっくなことを
4年前の非力なPCで、軽快にこなしているんですが、、、

恐るべし、ubuntuくん。

*** 備忘録-ubuntuくんの3D化- ***

(前提として、ある程度のグラフィック・ボードが入ってること)

・メニューから、「システム」-「システム管理」-「Synaptic パッケージ・マネージャ」
・リストから「compizconfig-settings-manager」を選択して右クリック-「インストール指定」-チェックを確認して「適用」ボタン
・「Synaptic パッケージ・マネージャ」を閉じる

・メニューから、「システム」-「設定」-「Advanced Desktop Effects Settings」
・「一般」項目にある「General Options」-「Desktop Size」-「Horizontal Virtual Size」を「4」に設定-左下の「戻る」
・「デスクトップ」項目にある「Desktop Cube」、「Rotate Cube」、「ビューポート・スイッチャー」にチェック
・「Advanced Desktop Effects Settings」を閉じる

・マウスのホイールを押しながら、マウスを動かす
・または、「Ctrl」+「Alt」+「マウスの左ボタン」を押しながら、マウスを動かす

後は、適当に
「エフェクト」項目にある「3Dウィンドウ」、「キューブの反射」にチェック
「ユーティリティ」項目にある「キューブのふた」にチェック

コメントを残す