裏表

久しぶりの友人と 吉祥寺で飯。

事態は、かなり深刻。
信頼していた人に、信頼を損ねる行為をされ
一年近くも思い悩んできた様子。
事あるごとに、思い出されるらしい。

許せること、許せないこと
それは人それぞれで
ある人にとっては、ささいなことであっても
その人にとっては、どうしても許せないことだってある。

体調を崩すほど許せないなら
もう結論が出ているのだろう。

信じるという行為
それは同時に、裏切られることも「覚悟」すること。
それが無ければ、万が一の際
負の感情に捕らわれ、不必要に傷ついてしまう。

だから、「信じる」ことは、「覚悟」すること。

ぼちぼち生きてます。

コメントを残す